蔵王会からのお知らせ 同窓生からのお知らせ
  お問い合わせ 個人情報保護


  学術的部門あるいは臨床診療部門での受賞歴等についてのお願い
平成31年1月


 現在、平成28年度に本学部が受審した医学教育分野別評価(医学教育プログラムを公正かつ適正に評価)を受けて、認定判定のための報告書等を作成しているところです。その一つに、「卒業生の業績について継続的に情報を収集し、在学生の教育に反映させる」との評価項目があります。

 ご自身の他、同期生等(会員に限る)で、学術的な部門や臨床診療の部門で受賞歴等がある方がおられましたら、是非とも、お知らせ願います。(学会や自治体等からの受賞や表彰等が該当になりますが、どのような内容でも結構です。)
 様式[Word]



  平成30年度年会費納入のお願い
平成31年1月


 平素より蔵王会の運営に関し、ご協力とご支援を賜り有り難うございます。

 これまで蔵王会では、退任教授祝賀会の支援、同窓会ホームページの立ち上げ・運用などと共に、医学交流会館建設の支援という大きな目標を達成してきました。今後も、同窓会と医学部の発展の為に努力を惜しまぬ覚悟です。

 今後の蔵王会の主要な継続事業として、新聞部による同窓会新聞「蔵王」の発行、 医学部以外でご活躍中の会員を対象とした「蔵王会賞」の授与、3年ごとの会員名簿の発行、各支部での支部総会の開催等をおこなっていく予定でおります。

 従来の年1回発行の同窓会誌を廃し、より充実した情報発信を行っていく為に、医学部医学科に現役学生による新聞部を立ち上げ、蔵王会の支援を基に同窓会新聞「蔵王」を年2〜3号発行しております。この同窓会新聞「蔵王」では、医学部の現況と共に医学部外でご活躍の先生などの紹介を行っています。今後とも欠かせぬ情報発信の手段と考えております。

 また、蔵王会賞の授与と支部総会の開催は、医学部以外でご活躍中の会員の皆様に参加していただく事業です。この支部会では、医学部の現況説明と会員との意見交換を通して、蔵王会運営全般に生かしていきます。支部活動を基盤とした運営を、今後の蔵王会の活動方針の一つの主軸と考えております。

 先般、上記の主要な事業を展開していく為に、年会費10,000円の納入をお願いいたしました。同時に、同窓会発足〜平成19年までに終身会員になられた方には、誠に恐縮ながら終身会員廃止の連絡をさせていただきました。この終身会員制は同窓会初期に設定されたものであり、実情に必ずしもそぐわないものになっておると判断いたした次第です。平成10年〜平成19年に終身会員を申請された会員には、申請年から10年間の年会費免除をさせていただきました。

 同窓会新聞「蔵王」の発行費を賄い、支部会活動などを展開していく為には、会員の皆様に年10,000円のご負担をお願い申し上げております。

 会員の為の、母校の為の、蔵王会の益々の発展を目指して、蔵王会理事を中心に尽力する覚悟です。

 会員の皆様にはおかれましてはこの趣旨にご賛同いただき、会費納入にご協力いただきますよう切にお願い申し上げます。

■年会費:10,000円





  訃報のお知らせ
令和元年6月


過去の訃報

<異動・訃報の情報に関するお願い>
会員の皆さんの異動・訃報の情報を同窓会新聞の紙面にてお知らせする予定です。
ご自身やお知り合いの方に関する情報があれば下記アドレスまでご連絡ください。ご協力お願いします。


■蔵王会メールアドレス:yamadai@zao-kai.jp



  蔵王会文庫寄贈のお願い
平成28年5月


蔵王会文庫にご自身の著書を寄贈していただける方は、山大医学部図書館にて受け付けております。
医学書や教科書だけでなく、小説・エッセイ・絵本まで、本の種類は問いません。自費出版で出された書籍や、退官記念などで発行された書籍等、是非ご寄贈をお待ちしております。

送 付 先 :
〒990−9585 山形市飯田西2-2-2
お問合せ:
023(628)5157
メ ー ル :
yamadai@zao-kai.jp



  蔵王会の主な事業
平成28年2月


●これまでの蔵王会の主要な事業

(1) 退任教授祝賀会の開催 (感謝状と感謝楯の授与)
(2) 同窓会ホームページの運営
(3) 卒業生へ記念品を贈呈
(4) 学生の麻疹等抗体検査の支援
(5) 各地区での支部総会の開催
  平成21年度より関東地区、中部地区、関西・中国・四国・九州地区合同、
  東北・山形県・北海道地区合同で、4つのブロックに分け、関東を皮切りに開催してきました。
  28年度の東北・山形県・北海道地区合同の開催で、2巡目が終わり、
  29年度より3巡目に入ります。
(6) 東日本大震災義援金
  会員の皆様より集まりました義援金に当会からの支援を含め、
  被災されました会員及び準会員の方々へ支援を行いました。
(7) 会員名簿の発行

●今後の蔵王会の主要な事業

専属事務員を配置して、活発な事業活動を展開しております。

(1) 新聞部による同窓会新聞「蔵王」の発行(年3回)
(2) 蔵王会賞の授与
(3)式典で着用するアカデミックガウンの購入
(4)山形大学医学部学園祭「希華際」への支援
(5)研修医支援基金
  ・本病院を研修先に選んだ研修医に対し、本人からの希望があれば研修初年度の4月に
   支援基金として蔵王会より無利子で貸し出す事業です。

 



 
 

(C) Copyright 1997  山形大学医学部同窓会「蔵王会」